白井田七の成分や副作用は?田七人参は白斑やニキビも改善できる?

白井田七の成分や副作用についてまとめてみました。

  • 全成分について知りたい!
  • 副作用の心配は?
  • 白斑やニキビにも効果がある?

といった人の参考になれば幸いです。

>>公式サイトはこちら!

白井田七の全成分は?

白井田七に含まれる成分の中でも注目されているのが、

  • サポニン
  • フラボノイド
  • 必須アミノ酸

です。

サポニン

白井田七で使用されている田七人参の主成分であるサポニンは、高麗人参の約7倍以上の含有量です。

サポニンを摂取することで、

  • 免疫力向上(風邪を引きにくくなる)
  • 抗酸化作用(動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを予防)
  • 肥満予防(脂肪の燃焼を促進する働き)
  • 血流改善(血流が良くなり冷え症対策と貧血予防)
  • 肝機能の向上(過酸化脂質の生成を抑える作用)
  • 咳や痰の抑制(咳を抑え、痰を除去する働き)
  • コレステロール値低減
  • 生活習慣病の予防
  • 高血圧の改善

といった効果が期待できます。

フラボノイド

白井田七の成分の一つであるフラボノイドは、ポリフェノールの一種で、摂取することで抗酸化作用が期待できます。

具体的には、

  • 老化予防や生活習慣病の予防
  • 動脈硬化の予防
  • 心筋梗塞や循環器疾患の予防
  • ガンの予防

といった効果が期待できます。

必須アミノ酸

白井田七には、必須アミノ酸9種類全てが含まれていて、更年期に悩む女性や高齢者の健康維持が期待できます。

白井田七の全成分

サポニン、デンシチン、ナトリウム、カロチン、ステロール、アミノ酸19種、ビタミン、ビタミンB1、マグネシウム、カルシウム、ビタミンE、カリウム、田七ケトン、ビタミンB6、リン、有機ゲルマニウム、ビタミンB12、鉄、ビタミンB2、亜鉛、銅、葉酸、マンガン、フラボノイド

白井田七に添加物は使用されている?

白井田七は、有機栽培で育った田七人参が使用されていて、添加物は一切不使用です。

下記の添加物は使用されていません。

合成着色料、合成保存料、防腐剤、防カビ剤、酸化防止剤、合成香料、人工甘味料、乳化剤、膨張剤、安定剤、発色剤、光沢剤、決着剤

白井田七の副作用は?

無添加なので、特に副作用はありませんが、1日(8粒)の摂取目安は守るようにしてください。普段から、薬を服用している人は、かかりつけ医に相談してから飲むようにしましょう。

副作用ではありませんが、白井田七を飲んだ人から、

  • いつもより眠気が増した
  • 身体にだるさを感じる
  • 吹き出物ができた

などの意見もあります。

これは、副作用ではなく「好転反応」という身体に表れる症状であると考えられます。

好転反応とは、治療の過程で一時的に起こる身体反応のことで、ずっと続く訳ではありません。

好転反応が出ているということは、身体に良い変化が出ている証明でもあるので、誤解しないようにしてください。

白井田七は白斑やニキビも改善できる?

白井田七に白斑の改善効果はある?

尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)は皮膚の病気で「白なまず」という名称でも呼ばれています。

皮膚の色が白く抜け、白い斑点ができるのが特徴で、完全な治療法はまだ見つかっていませんが、白井田七に含まれるサポニンは、尋常性白斑の原因と考えられる活性酸素を取り除く効果が高いので、白斑の改善も期待できます。

白井田七にニキビの改善効果はある?

白井田七は、血流改善の効果も高く、代謝が良くなることで、肌の再生力も高まり、大人ニキビやニキビ跡の改善も期待できます。

>>公式サイトはこちら!

白井田七トップへ

フォローする